雑記

S先生製作の面白教材~☆

 

何の変哲もないヤマザキ製LEDあんどん(旧バージョン)完成品。

 

ボリュームを回すと…

スイッチが入って、赤く光ります。

 

さらにボリュームを回していくと…

赤さは消えていき、ボリュームを回した分だけ明るく光ります。

 

LEDあんどんを作ったことがある先生や生徒さんはご存知だと思いますが、正規品には、赤く光る機能はありません。

S先生によって改造されています。

 

メインのLEDと、追加された赤LEDの明るさが、相反しているのがポイントです。

『ボリュームを回すとメインLEDと赤LEDがどちらも明るく光る』なら、管理人でも作れそうな気がしなくもなくもないんですけど…。

毎年『今年は、お御渡り(おみわたり)できるかねえ…』という話題になる諏訪地方。

 

写真は、2008年のもの。

小さなお御渡りですが、地元の人にとっては、大小関係なく特別なものなのです。

2008年の2月25日撮影。

湖岸にせせり上がった氷の板です。

 

10年前、【おみわたり】の表記について友人とモメたことがあります。

管理人は、お酒の銘柄にもある【神渡(みわたり)】に【御】をつけて【御神渡り】と思っていました。

諏訪大社の上社の神さまが下社の神さまに会うために通る道(下社から上社だっけ?)…そんな伝承もあるので、【御神渡り】という書きかたに違和感がありませんでした。

 

友人は、【御渡り(みわたり)】が正しいと言っていました。

八剣(やつるぎ)神社の記録などは、古来より【御渡(みわたり)】となっています。

なるほど確かに。

 

説明は面倒なので省略しますが、【御渡り】には、【神】という字が使われていなくても、神さまへの敬意が含まれているんですな。

それが、一般人に広く伝わっていく過程で、頭に【御】がついて、【御御渡り】と呼ばれるようになっていった…って感じでしょうか。

…まあ、これが正解だろうな。

 

そんなわけで、【御】を重ねて表記すると重々しいので【お御渡り】と書くようにしています(あくまでも管理人の場合は)。

 

で、本題。

 

今年は、お御渡り…できました!(ぱちぱちぱち)

 

お御渡りを撮影している余裕はないのですが…

諏訪湖が見事に全面結氷しています。

まあ、それだけ寒いってことなんですけどね…。

パソコンの作業画面をキャプチャしてみました。

 

☆クリックすると動画が再生されます☆

※ホームページのデータ制限があったので、録画サイズが小さいです。

 

宣伝用に動画を作れたらいいなあ。

 

動画編集ソフトを買って…

こういう素材を沢山用意して…

適度にカットして…

繋ぎ合せて…

ナレーション入れて…

字幕入れて…

音楽載せて…

 

動画編集の道のりは長い!(挫折する予定)

先日(2018/1/28)放送された【ザ!鉄腕!DASH!!】のコーナー【DASHご当地PR課】にて、下諏訪町が取り上げられていました。

 

【ご当地PR課】は、TOKIOのメンバーが、全国各地に出向き、その土地の名産などをアピールする何かをする…というコーナーです。

 

下諏訪町を舞台にした今回は、廃材を利用して巨大オルゴールを作ることにチャレンジ。

リーダーと松岡昌宏と番宣ゲスト錦戸亮が頑張っていました。

 

で、完成した巨大オルゴールがお披露目されたのが、諏訪湖サービスエリア(上り線)でした。

立地的には下諏訪じゃないけど、まあ、広く知ってもらうにはいい場所なのかな。

 

放送してから数日後。

まだ現物があれば見てみたいなと思い、諏訪湖サービスエリアに寄ってみました。

 

放送で『恋人たちの聖地』として紹介されていた場所。

そんなんあるの知らんかったわ!めっちゃ暗いし!聖地っぽくないし!

そもそも肝心の巨大オルゴールは見つからず…。

 

もう撤去されたのかなと思いつつ、ローメンを売っている店員さんに伺ってみたら、建物内で展示してあるとのこと。

探したら…ありました!

 

割と厳重に管理されています。

ドラム。回せるようになっています。

周囲の目が気になって、とても回せませんでした。

松岡書。

松岡の初恋にケリをつけるというサブテーマ(?)がありました。

 

放送された実演では、音が抜けたりして、残念ながら曲として成立していませんでした。

ドラムに取りつけたボルトの位置が少しずつズレていたことと、そのボルトの長さがバラバラだったことが原因ではないか、とのこと。

 

確かに、バランバラン…。

フィーリングで勝負する芸術家系の松岡にこの手の仕事をさせたことが間違いだったのではw

棟梁とは言わないけど、せめて錦戸亮(工作技術がありそうでした)が全部作業してくれていたら…ねえ。

 

でもまあ、全国ネット、しかも人気番組に取り上げてもらえて、ありがたい話ですよね。

現物を見て、ホントに来てくれたんだなあと実感しました^^

 

突然ですが、ホイールメーカーさんの動画をご紹介いたします^^

昨年末、お台場で開かれたイベントの動画でございます。

 

『車は、タイヤが4本ついてさえいればOK』というスタンスの管理人にとっては、『未知との遭遇』的動画でした。

てゆーか、ほぼ理解不能(苦笑)

もうね、『プラモデルの車を無造作に踏みつけたら、こんな感じになるんじゃないかな~』ってくらい、タイヤの角度がおかしいです。

 

で。

 

この動画に【管理人がとてもお世話になっている知り合い】のクルマが出てきます!

※ このホームページで紹介している以上、【知り合い=高校のときのただの同級生】とかではありませんが…一応匿名で^^

※ 『◎分△秒から映っているよ!』って書きたいんですが、ナンバープレートも見えているので、念のため自重(泣)

 

雑誌で紹介されたり、インスタで『いいね』が増えてきたり、メーカーさんの動画に載ったり…よっぽど凄いクルマなんだろな~。

好事家に評価されるっていうのは、相当ハードルが高いことですもんね。

ホイールも外装も、いろいろが非対称なクルマです^^

 

それにしても。

 

ホント、観れば観るほど、タイヤの角度のおかしさが気になる…。

んで、感覚がマヒしてきて、ちょっとだけ斜めになっているくらいじゃ『フツーだな~』とかってなってきます(全然フツーじゃないのに!)。

 

ほとんどの車は自走できるっていうんだから、奥が深いです。

2018年1月31日21過ぎ、【相棒】が放送されている時間帯に、皆既月食を観測できました。

月食をちゃんと観るのは初めてかなあ。

 

以下、古いケータイで撮った画像。

21時18分。

21時26分。

21時45分。

一応撮れていますかね。

 

月食中の月って、薄赤く見えるんですね。

真っ暗になると思っていたので、テレビで『皆既月食中』と流してくれなければ、信じられなかったかもしれません。

太陽光の回折ならもう少し明るく白く光りそうな気がするし…地球のネオン光が衛星軌道より遥かに離れた月を照らすとも思えないし…月面は赤いって話も聞いたことがないし…不思議です。

 

ウチのケータイでは撮れないくらい暗かったんですけど、輪郭がはっきりしている上に【月の海】のせいで球体に見えたので、なんだか遠近感がおかしくなりました。

デカいバスケットボールが手を伸ばせば届くようなところに浮いているような…そんな感じ。

 

それなりに雲も出ていたのですが、風が強く次々と雲が流されていったので、しっかりと観ることができて満足満足。

メチャクチャ寒かったですけど、夜空を見上げるのは真冬に限りますね。

 

 

ある先生(北信在住)の息子さんは、先生が『とんかつでも食べに行くか』というと、『とんかつなら下諏訪の○一(一応伏字)じゃなきゃ嫌だ』と言うそうです。

 

というわけで?

 

以前から行ってみたかったお店に初挑戦☆

諏訪市の中学校で視放研の関ブロが開かれた日のお昼どきに、下諏訪のとんかつ屋〇一さん(一応伏字)に行ってきました。

 

CA3F0662

何故お店の名前を一応伏字にするのかというと、とても良いお店だったからです^^

武藤さんか入一さんかの社員さんらしき集団もいましたし、年配のご婦人が二人並んで食べてらっしゃいましたし、それだけでも『なんか良いお店だな~』って感じでしたが、美味しいし、お値段も良心的だし、目立たない場所にあるせいか店内も落ち着いているし、良いお店すぎてもう!

 

『みんなに教えたいけど、みんなに教えたくない』という気持ちが、伏字に表れていると察してください。