松本山雅(元スポンサー)

観ていても面白くないサッカー日本代表(通称ハリル・ジャパン)。

『縦に速いサッカー』が監督のコンセプトだそうですが、実際にやりたいサッカーはよくわかりません。

 

でもまあ、『自陣に守備ブロックを敷いてからのカウンター攻撃』をイメージして、素人なりに日本代表を選んでみます。

 

ちなみに、『DFラインを高く設定して即時奪還からのショートカウンター』戦術は、今から練り上げても付け焼刃過ぎるでしょう。

世界最高の監督と世界トップクラスの選手が集まったチームですら、チーム戦術が熟成するのに1年かかっていますからね。

 


GKは、西川選手(浦和)…と言いたいところですけど、やっぱり川島選手(仏1部・メス)でしょうかね。

ラインを高く保つチームなら、機動力があってキック性能も高い西川選手を推すのですが…。

川島選手が日本代表の正GKであるのは、他の能力、たとえばシュートセービングやコーチングなども含めて比較して、西川選手や東口選手(G大阪)より優れている(と首脳陣が判断している)から(たぶん)。

ここらへんって、試合観戦していてもよくわからないんだよなあ。

 

中村選手(柏)と川島選手の比較ってどうなのでしょうね。

でもまあ、W杯でいきなり中村選手を正GKにするのは博打かな。

 


DFラインは、とりあえず4バック。

左から、長友選手(トルコ1部・ガラタサライ)、※、吉田選手(英1部・サウサンプトン)酒井宏樹選手(仏1部・マルセイユ)

連携の成熟度から言っても、ほかの選択肢がなさそう。

※のところは、昌子選手(鹿島)、槙野選手(浦和)、森重選手(FC東京)あたりが候補ですけど…順調度と将来性を買って昌子選手かな。

 

ただ、このDFラインでポーランドの大エース・レヴァンドフスキを抑えられるのかなあ…。

ブンデスでバイエルンと対戦するチームも、ヨーロッパ予選でポーランドと対戦した国も、レヴァンドフスキ対策を取っているはずで、それでもボカスカ点を取られちゃっています。

マンマークもモノともしなさそうですし、ラインを上げて、ゴールから少しでも離れたところでプレーさせたいところですが…う~む。

 

もう一つ、左SBも問題になりそう。

セネガルにはサディオ・マネ、コロンビアにはクアドラードというサイドアタッカーがいて、おそらく右サイドに張ってきます(マネは、所属するリバプールでは左に入っていますが、もともとは右)。

特に、コロンビアは中央に強力なアタッカー陣を抱えているので、クアドラードをシャットアウトできないと中央に隙ができて苦しくなるかも。

攻守両面での活躍が期待できる長友選手ですが、割り切って最初から守備特化のSBを入れるのもアリな気がします。

槙野選手か昌子選手を左SBに入れるのは…冒険がすぎるかな。

 

長友選手と酒井高徳選手(独1部・ハンブルガーSV)の調子のいいほうが先発って感じかな。

 


中盤の底は、2ボランチ。

2ボランチの場合、一人は攻撃的に、もう一人は守備的に振る舞うのが常套手段。

でも、縦への速さに拘るならダブル司令塔にしたいです。

セカンドボールを拾ってからすぐに前線にピンポイント(←ここ大事)で放り込める、小野選手(札幌)や青山選手(広島)のような選手が理想。

今のベストは誰なんだろ?

まあ、タッチダウンパスは無理でも、的確にパスを出せる選手がいいので…ん~…大島選手(川崎)柏木選手(浦和)…とかかな。

体力が持つなら中村憲剛選手(川崎)を使ってみたいんですが…運動量的に厳しいのかもしれません。

 

守備のバランスを考えるなら、どちらかに代えて山口選手(C大阪)か今野選手(G大阪)ですかね。

長谷部選手(独1部・フランクフルト)も、キャプテンシーとか過ごそうですし、所属チームではCBを務めるくらいの守備力もあるんで、候補ですね。

 


サイドは、独力でボールを持ちあがれる選手というのが大前提で、左は乾選手(スペイン1部・エイバル)、右は伊東選手(柏)

乾選手は、代表では窮屈そうにプレーしていますが、リーガの試合では、ドリブルには推進力があるし、ペナルティエリア内でのプレーも多い感じがするし、いい雰囲気。

伊東選手は、センターラインからアタッキングサードまでなら独力で持ち上がれそう。

ただ、どちらもフィニッシュ面での物足りなさが…。

原口選手(独2部・デュッセルドルフ)と久保裕也選手(ベルギー1部・ヘント)はフィニッシュ面で期待ができそうですね。

ただ…原口選手はコンディションが、久保選手は代表で結果を出せていないところが不安。

ドリブルできて決定力がある選手、求ムw

 


中央は、大迫選手(独1部・ケルン)の1トップ。

所属チームでも代表でも点を決めていないんですけどね。

でも、きっちりボールをキープできる能力で買い。

ハンパないとこを世界に見せてやってくれ。

 

トップ下には、適性があるのかわかりませんが、武藤嘉紀選手(独1部・マインツ)はどうでしょう?

トップ下じゃなくてセカンドトップといえば、違和感も軽減するかな。

ドリブルもできるし高さもあるし得点能力もあるから、大迫選手が相手DFと絡んで潰されてしまっても攻撃のカタチが作れそう。

個人的好みや愛着を優先して中村憲剛選手や中村俊輔選手(磐田)、遠藤保仁選手(G大阪)、香川選手(独1部・ドルトムント)あたりを入れたかったのですけど、フィニッシュ面が…ね。

 


以上、偉そうに選んでみました。

 

ザッケローニ監督のサッカーは、面白かったけど結果が出ませんでした。

今の監督のサッカーは面白くないけど…どうなるかな?

松本山雅FCは、鹿児島でキャンプ中。

スポーツ紙でも、新戦力の話題を中心に、色々取り上げられています。

 

新戦力では、レンタルバックの前田大然選手に期待ですね。

高崎選手や工藤選手とどう連動するのか、楽しみです。

この3人で50点取れたらJ1昇格するんじゃね?(適当)

他の復帰組も『他のチームで成長してきたところをしっかりと見せてほしい』ですね。

 

 

さて、サッカーは2月末の開幕に向けて準備中ですが、ウィンタースポーツは平昌オリンピックを迎えました。

長野県出身の選手や長野県の企業に所属する選手が大勢参加しております。

 

管理人が特に応援している選手は二人。

 

一人は、小平奈緒選手。

同郷です。

印象に残っているのは、前回大会(ソチ)、競技を終えて帰国したときのスポーツ紙の記事。

5行くらいの記事で『出迎えもなく静かに帰国した』みたいな内容でした。

確かに、期待されていたメダルは取れなかったけど…あの記事は、淋しかったな。

本人が納得できる滑りができたなら何位でも構わないと思いますが、それでも、今回はメダルを取らせてあげたいなあと強く思っています。

 

もう一人は、藤森由香選手。

こちらは、出身高校が地元。

初めて知ったのは、たぶん(記憶が曖昧なので間違っているかもしれませんが)トリノ五輪の直前のNHKの特番。

『若くてメチャクチャ可愛いのに、やっていることはカッコいい』と衝撃を受けました。

前々回大会(バンクーバー)では、練習中の事故により、棄権を余儀なくされました。

前回大会も、当日練習中、骨にヒビが入る怪我をしていたみたいです(本人は気づいておらず、後日、病院で判明したそうな)。

今回は、競技を変えての参加。

ホント、もうね、怪我をせず全てを出し切ってきてもらいたいです。

そして、笑顔で帰国してもらいたいですね。

 

それにしても。

男子のフィギュアスケート観戦ツアー、2泊3日で△十万円という相当ふざけた金額が設定されているそうです。

韓国国内の物価についても、『普段1000円の食事が4000円くらいになっている』なんて話を聞きました。

まあ、需要より供給が少なければ価値が上がるのは当然のことですが…。

Jリーグ開幕を告げるもう一つの熱い戦いが再び……Jリーグ・J1・J2・J3マスコットによる「Jリーグマスコット総選挙」を2018年も開催します!(サイトより引用)

 

てなわけで、Jリーグでマスコット総選挙をやっているそうです。

https://www.jleague.jp/mascot/2018/

検索サイトで【Jリーグ】を探して、そこから【マスコット総選挙】を見つけてください^^

2月5日まで投票ができ、10日の富士ゼロックス・スーパーカップで結果発表…だそうです。

 

この手のイベントにはあまり関心がなかったのですが、今回ちょっと調べてみました。

 

2013年から開催されているみたいです。

我らがガンズくんは…初年度5位!?(37キャラクタ中)

そーいや、『ガンズくんは人気があるんだよ!』って話をどっかで聞いたことがあるっけ…。

で、初年度5位から、7位・7位・10位・10位ときて、今年は途中経過で13位。

まあ、Jリーグでの順位と観客動員数とマスコットの順位に関連性はなさそうですが、なんとな~く山雅の勢いの翳りを感じちゃいますね(観客動員、昨季は大幅減)。

 

てゆーか…

 

長野パルセイロにもマスコットいるの!?

Jリーグにそこそこ関心があり、長野市や上田市などで仕事をしている管理人ですが…全然知らなかったなあ。

 

昨年初参加で20位、今年は途中経過で33位。

名前は『ライオー』。

 

以下、投票ページのPR文を引用。


 

「負けない心」を持ったオレンジの獅子。パルセイロ三兄弟の真ん中。熱い闘志をストレートに燃やし、曲がった事が嫌いで正義感にあふれるが、日常では少しおっちょこちょいなところも…嬉しい時も、悔しい時もそっと寄り添い想いを代弁してくれる。時には闘志むき出しで、みんなに勇気と熱気を分けてくれる。

 


ライオンがモチーフかあ…てゆーか。

トップチームのマスコットなのに、三兄弟の真ん中なの!?(混乱)

…レディースのマスコットのほうが上なのかな?

 

 

せっかくなので、ガンズくんのPR文も引用。


 

愛称「ガンズくん」。長野の県鳥「ライチョウ」がモチーフ。名前はチームの愛称である「ターミガンズ(英語で『ライチョウ』の意)」の略称「ガンズ」が由来。

 

 

 


縄跳びは…ちょっと…地味…かな?(小声)

いや、でも、ちゃんとPR動画を作っているんだからエライです!

 

ガンズくんはガンズくん、【中の人】などいないはずですが…もしも中に人がいるとしたら、【中の人】は頑張っていますよね。

フツーの人でいうなら、普段より長い縄を使って、肩や腰にオモリをつけて、目を瞑りながら縄跳びしているようなもんでしょ。

自分の頭より遥かに高いガンズくんの頭の上を通るように縄を回すのって、感覚が掴めなくて大変そう。

まあ、あくまでも【中の人】がいたら、の話ですけどね!

 

考えてみると。

 

プロ野球のマスコットは、もっと知名度がありますよね~。

マスコットにあるまじき運動能力を見せてくれる【ドアラ】とか、マスコットにあるまじきトーク能力を見せてくれる【つば九郎】とか。

 

ガンズくんも、スポーツニュースで取り上げてもらえるような武器があるといいんだけどな~。

 

平山相太選手が引退を表明したというニュースを見ました。

 

そっか~…。

 

高校サッカーって、どうも、観終わったら選手の名前を忘れちゃうんですけど、平山相太の名前を忘れることはなかったですね。

ただデカいだけじゃなくて、上手さや強さも持ってて、割と走れそうで、これはまた凄いのが出てきたな~って。

 

代表でも点を決めていますし、普通なら充分活躍したと言えるのかもしれませんが、特大だと思えたポテンシャルからすれば…『怪我さえなければ…』と思わずにはいられません。

(まあ、怪我の内容によっては自業自得の場合もあるんですけど)

 

平山選手がオシャレな髪形にしようとして、それがスポーツ新聞の記事になったのは、もう10年くらい前の話かな。

風貌だけで言えば、最後まで『国見の頃の垢抜けない平山相太』のままでしたね。

御本人からすれば不当で不本意な評価でしょうがw、個人的には凄い親近感を感じていました。

 

指導者になっていくのか、サッカーとは別の道に進むのかわかりませんが、これからも『若々しい平山相太』のまま頑張ってもらいたいです^^

おつかれさまでした!

 

先月末からJ1優勝争い関係のサッカー中継が多くて、楽しかったな~。

鹿島の2戦と川崎の2戦。

有料放送と契約していないウチとしては、地上波とBSで放送してくれたNHKさまさまです^^

NHKさまさまです!!!

大事なことなので2回書きましたが、3回書いても4回書いてもいいくらいです。

 

鹿島-柏戦で解説した山本さんの『引き分けは負けに等しい』の発言が、結果としては予言となりましたね。

本来なら激闘になるはずが、『ACL明け+優勝戦線が脱落』でベストメンバーを組めない浦和との対戦になった川崎の『運』も大きかったかもしれません。

得失点差など見れば、結果を『運』で片づけるのは間違っているってわかりますけどね。

 

とにもかくにも、残り2節を2引き分けに終わった鹿島を、2連勝した川崎がまくって優勝しました。

 

今年こそは中村憲剛選手に花を持たせてあげたかったので満足満足^^

小笠原選手が今年で引退するとかいうなら、もう少し鹿島を応援したかもしれませんが。

ちなみに、憲剛(ファンゆえの敬称略)、ウチでは大人気。

管理人の中では、1番人気か2番人気です^^

 

というわけで、地上波とBSを切り替えながらJ1最終節を観て、憲剛の男泣きにホッコリしたわけですが…う~ん。

 

なんだ、あの表彰式は?

 

一部の選手(一人の選手?)が、浮かれて、馬鹿みたいに、しかも品のないハシャぎかたをしてました。

優勝したんだから大目に見てあげたいところですが、それでも限度を超えていて、正直かなり不快でした。

 

川崎は、数年前のナビスコカップの表彰式での『失敗』を糧にできなかったのでしょうか。

 

Jリーグ全体を支援してくれているスポンサー、試合を放送してくれたNHKや有料配信サービス、その有料サービスと契約してJリーグを観戦しているサッカーファン、ニュース番組や新聞や雑誌で取り上げてくれるメディア…。

これらの人たちが関わるJリーグの表彰式での振る舞いとして、アレはどうなんでしょね?

管理人は『いまどき、小学校低学年でもこんなに浮かれないだろ(呆)』って感じで観ていました。

 

中田英寿選手がインタビューで『Jリーグも観に来てください!』と答えたのは、たしか『ジョホールバルの歓喜』の試合直後。

広島にいた佐藤寿人選手や森保監督も、勝利者インタビューで、『富士ゼロックス・スーパーカップ』と大会の正式名称を使って冠スポンサーに敬意を表していたそうです(管理人は、試合は観たけどインタビューは観ていない。伝聞)。

地上波を観た視聴者に興味を持ってもらう、スポンサーに喜んでもらってスポンサーを増やしていく、有料サービスと契約するサッカーファンを増やしていく…など、自覚的に行動しているから、喜びに沸くの中でも、そういうセリフが出てくるのだと思います。

比較するのは酷なのかもしれませんが…まあ、残念な表彰式でした。

 

ちなみに。

J1の正式呼称は『明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1』です。

松本山雅、最終節で負けちゃいましたね。

『勝てばいい』という立場で、他のチームに比べると割と普段通りなテンションで臨めるかなと思っていましたが…まあ、『引き分けでもいい』徳島が負けてしまったり(大塚製薬の頃から気になっている)、勝負事はなかなか難しいですね。

 

で、反町監督の去就について。

スポーツ紙では、反町監督が退任した場合(または更迭された場合)の後任監督の予想記事が出ていました。

 

こーゆー報道って、フロントの誰かがマスコミに話しているから記事になるわけで…確かに、監督の去就が決まらないと選手やコーチ陣の契約交渉が始まらないので、保険をかけたくなる気持ちはわかるのですが…フロントへの不信感を募らせている反町監督の退任の呼び水になりそうな予感。

 

『反町じゃダメだ。とりあえず他の監督に替える』では、ただの博打でしょう。

たとえば『反町監督は、選手起用や選手交代の適切さや柔軟性の点で若干物足りない部分がある。新監督候補は、選手のコンデションの見極めや、モチベーションのコントロールが上手く、その点での改善が期待できる』みたいな、ちゃんとした方針があるのならいいと思いますけど…そこらへん、どうなのでしょうね。

まあ、逆に、どんなに慰留したって、反町監督が自ら望んで休養するというなら『長い間ありがとうございました』と送り出すしかありませんし、一ファンがここで『あーでもない、こーでもない』と言っても仕方がないのですがw

 

ただ…慰留できなかった場合、反町監督が来季から他のチームの監督になる可能性ってあるよね?

 

これ、怖くない?

 

てか、僕が新潟の幹部なら、反町監督がファーストチョイスになるだろうな。

レジェンドだろうから^^

加えて、松本山雅の選手で、反町監督が必要とする選手の引き抜きも画策する。

たとえば、飯田選手や岩間選手を強奪とかw

J2降格の新潟は、選手年俸を抑えるためにある程度の選手の入れ替えは必須なはずだし。

 

新任監督が求める補強をしつつ、ライバルチームを弱体化させるこのカタチって…新潟に限らず、他チームも考えているよね、きっと。

これ、松本にとっては最悪な展開でしょー。

(森保監督が率いていた広島のような、最悪な展開をものともせずに結果を出すチームもあるけれど)

 

だから。

 

反町監督への誠意って意味でも、他チームの監督人事への威圧って意味でも、『反町監督の慰留に専念する。後任人事など考えていない』ってスタンスのほうがいいような気がするんだけど…ウ~ン。

 

1年以上ぶりの投稿が松本山雅ネタという、地域密着型(?)教材販売会社のイマザワです。

 

数年前の松本山雅は、とりあえずボールを前に蹴って『よーいドン!』って追っかけるチームでしたよね。

あれはあれでよかったな~。

一生懸命走る姿は、サッカーを知らないオバサマがたやスポーツ観戦に馴染みがないヒトたちにとって魅力的に映っていただろうし、試合終盤でも走れる体力せいかフェアでクリーンなプレーが多かったし、応援のし甲斐があるチームでした。

サポーターの雰囲気も良かったから、サッカーを知らない人やサッカーを見たことがない人も、当時アルウィンに行った人は結構リピーターになったんじゃないかな~。

 

昨年の松本山雅は、『1・2』『1・2・3』『1・2・3・4』と細かくパスを繋ぐスタイルに転換しましたね。

最初は正直『どうなのかな~』って懐疑的でしたけど…連携が深まりだしてからは凄かったです。

監督に鍛えられているのがちゃんとわかる、『チームとして、どうやって攻めたいか』がわかる、いいチームでした。

 

今年は…サイドチェンジを多用するチームに変わった感じ?

逆サイドの選手がちゃんと見えている、逆サイドの選手を活かそうとしているって印象はあるんだけど…イマイチよくわかんない。

何故なら…今季は一度もアルウィンに行かなかったから!

 

…というわけで、いよいよJ2最終節ですね~。

昇格プレーオフに進める残り2枠を、5位から8位の4チームが奪い合うことになりました。

ちなみに、最終節も観に行けません。

 

昨シーズンの松本山雅は、清水の尋常じゃない猛追を喰らい、最終節前に自動昇格圏から転落。

3位として臨んだプレーオフは岡山にアッサリ叩き潰され、J1復帰は叶いませんでした。

今年は、どうなりますか。

現在7位と昇格プレーオフ圏外にいるチームですが、最終節で勝利すれば、無条件で昇格プレーオフに回ります。

待ち構えるのは福岡か名古屋。

なかなかハードな道のりではありますが…まあ、勝った先のことは勝ってから考えろ、ですね。

 

てか、個人的にはJ1に昇格しなくてもいいんですけど(笑)、反町監督に長く指揮を執ってもらいたいなと思っているので、結果で繋ぎとめたらいいな~。

で。

もし残念な結果になろうと、試合終了後にサポーターが選手にブーイングを浴びせるようなことだけは起きないよう祈っています。

 

そーいや、以前、Jリーグの試合スケジュールを決めるソフトウェアの【凄さ】を書いた記事がありました。

曰く『毎年、シーズン最終盤に、上位対決や下位対決といった盛り上がるカードが組まれている』。

今年でいえば、最終節に行われる5位徳島と6位東京Vの直接対決ですね~。

ともに天国(昇格プレーオフ)に行く可能性もありますけど、松本山雅が勝てば必ずどちらかは地獄を見るわけで…かなり熱い試合になりそうで(他人事ながら)楽しみです。

CA3F0857

↑撮影したのは6/20。チケットの日付は6/19。

 

…。

 

出でよ、もったいないオバケ!

 

以下、言い訳。

 

試合当日、試合を観に行けるのは管理人一人でした(連れも見つからなかった)。

そこへ持ってきて、この日、穂高へ遊びに行ってきた両親から『あっち(松本のほう)、雨降ってたよ』と聞かされ、テンションガタ落ち。

『わざわざ雨の中、観に行きたくはないな~』『山形、相性悪いよな。負けそうだもんな~』『帰ってくるの、21時回るだろ。明日疲れるな~』と行かない理由しか出てこないので、うだうだしたものの今回はスルーしてしまいました。

雨には勝てん。

 

試合結果は、終了間際に飯尾くんの劇弾が決まり、1-0で山形に勝利した!そうな!

 

前々節ホームで札幌を迎え撃った試合(3-2で松本勝利)を両親が観に行き、『(田中)隼磨が出ていなかった』と不思議そうに帰ってきたのですが、その後、田中選手の網膜剥離が発表されました。

田中選手には、個人的には、選手としてだけではなく指導者としても活躍してもらいたいと思うので、焦らずしっかり治してもらいたいのですが、それにしたって、故障者続出で壊滅的な左サイドに加えて右サイドにも穴があくのだから、チームとしては大変ですよね。

左サイドでいい働きしていた飯尾選手の頑張りと成長に期待です!(チームのシーズンMVPになれる!)

 

 

さて、ここんとこのサッカー界のいいニュースと悪いニュースを。

 

いいニュースは、やっぱり、キング・カズこと三浦和良選手(横浜FC)のゴールでしょう。

PKではなく、流れの中からのヘディングゴール(ビックリするくらいドフリーでしたけどw)なのだから素晴らしい!

日本代表に入れてW杯に出してあげたいなあ。

プロである以上、実力で評価するのはもっともな話ですが、同じくプロである以上、お金を動かせなければならないとも思います。

つまり、スポンサーを集め、集客を増やし、物販を伸ばし、放映権を吊り上げ、それらをチームの強化に繋げ知名度を上げて、ファンにはプレーで還元し、スポンサーには別の形で還元する…という流れ。

その点、三浦選手は、サッカーに興味がない人の関心を集めることができる稀有な存在だと思うんだけどな。

 

悪いニュースは、浦和サポ(?)による鹿島の外国人選手への人種差別ツィート。

しかも、球団がコンタクト取ろうとしたところ、土壇場で着信拒否喰らったとか何とか。

ふぅ。

実際には浦和のサポーターではなく、浦和とは無関係の馬鹿者かもしれませんが、一報を聞いて『ああ、また浦和サポか』と簡単に納得できちゃいました。

少なくとも『浦和サポがそんなことを言うはずがない』という発想は出てこない。

そこらへん、クラブは、問題の深刻さを自覚したほうがいいかもね。