自社企画教材

関ブロ全体会の翌日は、中南信の各地で、技術科と家庭科の研究授業が行われました。

 

地元の諏訪地区でも研究授業があったのですが、上伊那地区での研究授業で使われるLiLaC Switchがウチの商品なので、そちらにブースを展示。

※ちなみに、10年前の全国大会のときは、篠ノ井西中学校さんでの分科会にブースを出しました。

 

会場に展示されていた生徒さんの作品。

LiLaCやCo-Co-NUTSを使った作品もありました♪

 

中学校で実際に使われているLiLaCLiLaC Switch

 

掲示されていた生徒さんたちのアイデアなど。

 

各ブース。

ウチ。

ヤマザキさん。

双方向コンテンツの商品が展示のメインでした。

ナガタ産業さん。

3Dプリンタの実演をしつつ、電気回路の設計教材を宣伝されていました。

伊那市の企業スワニーさん。

いくつか面白いものがありましたが、回転すると花びらが開くコマはカッコよかったです。

ほかにもいろいろ買ってしまいましたw

 

教科書メーカーの東京書籍さんと開隆堂さんもブースを出していました。

分科会は9会場で開かれるため、完全に人手不足。

関東地区担当の営業さんたちが応援できていました。

 

研究授業も見学させてもらいました。

授業前。

先生は60人くらい。

見えにくいですが、手前の男子生徒さんの左手にLiLaC Switchが。

 

授業のあと、その授業に関する質疑応答や意見交換が行われたり、ほかの地区での授業研究の発表が行われたり…。

『子どものために、より良い授業をしよう』と先生がたは日々頑張っているんですよ~☆

 

県外から参加された先生がたも、数年前から研究や準備をしてきた先生がたも、ブース展示で協力したメーカーさんたちも、みなさまお疲れさまでした。

 

最後に。

入口にラー油が並べられていましたが、業者さんらしき人が見当たりません。

『なんだこれ?』と思ったら…↓

伊那の中学校が作ったラー油でした!

ラベルに表示されている製造元も、メーカーではなくて中学校の名前になっています。

いろいろ頑張ってるなあ。

市販のモノよりちょっとマイルドなラー油でした♪

改めて、Co-Co-NUTS V3(以下ココナッツ)の説明をば。

出力はLED8灯と圧電スピーカ、入力はCdSセル(明るさ)と赤外線受信モジュール。

加えてスライドスイッチやタクトスイッチもあるので、プログラム次第でいろいろなことができます。

上は『暗くなったら、LEDがすべて点灯する』プログラムが働いているところです。

 

 

新教材のLiLaCでは、センサやスイッチを2つ選び、回路の組み合わせを考えることができます。

ココナッツは、センサが選択できず、市販の人感センサや音センサが使えない状況です。

どうにかできないか?

 

というわけで、赤外線モジュールを外し、外部センサを使えるようにしてみました。

基板右下にあった赤外線モジュールのところにピンソケットを立てました。

ここに外部のセンサをつければ、明るさセンサ(CdSセル)と外部センサの2つが使えるようになります。

もちろん従来の赤外線受信モジュールも使えます。

 

『スライドスイッチがオンならセンサを直列に繋ぎ(AND回路)、オフなら並列に繋ぐ(OR回路)。』

…と設定すればLiLaCと同じことができますね~^^

LiLaCを採用してくださっている学校から、プログラムの書き換えをしたいというご要望がありました。

 

LiLaCで使っているマイコンは、PIC12F683です。

PICkit3でプログラムを書き込みます…が、そのままではプログラムを書き込めないので、書き込める治具を作ります。

こんな感じで、ユニバーサル基板に、ゼロプレッシャソケットとL字のピンソケットを取りつけたものを用意し、PICkit3と繋げます。

マイコンの極性に気をつけてください(書き込めなくなるだけですが)。

裏面は、こんな感じ。

 

 

次にソフトウェアの準備をします。

マイクロチップ社のホームページよりMPLAB X IDEをダウンロードしてインストールします。

また、MPLAB XC8 コンパイラーもインストールしておきます。

 

 

セットアップの手順について、とても分かりやすく解説されているホームページがあります。

手順がわからない場合は、参考されるとよろしいかと。

 

 

X IDEを開いて、LiLaCのプログラムを読み込めば、プログラムの変更は行えます。

ただ、このままでは、マイコンへの書き込み時にエラーが出ると思います。

次の操作を行ってください。

 

【tools】→【options】から、【build tools】タブを開きます。

左中央の【Add】を押すと上の画像のウィンドウが出てきます。

【browse】を押し、先ほどインストールした【XC8】フォルダを捜して、その中にある【bin】フォルダを開きます。

 

 

これで、マイコンへの書き込みができるようになります。

【make and purgram device】ボタンを押すと、プログラムが書き込まれます。

わからない場合は、上の画像をクリックして、赤丸の位置をご確認ください。

input1のピンソケットを取り、黒と赤のピンソケットを、output1にハンダづけしています。

そうすることで、人感センサを直接取りつけることができるようになります。

こんな感じ。可変抵抗器のボリューム調整はしにくくなりますが…。

また、output1でも、ハンダづけをせずにLEDを点灯させることができるようになります。

 

画像では、DCジャックをハンダづけせず、ジャンパ線で回路を繋いでいます。

LiLaC Switch(ライラック スイッチ)は、LiLaCとは違う流れで考えられた教材です。

G先生考案、O先生設計になるのかな…?

 

次の画像は、CdSセルを使い、明るさに応じてLEDを点灯・消灯させる回路。

下の緑色の基板のものがLiLaC Switchです。

上のものは、LEDと電池ボックスを片側だけ繋いで、残りの端子にミノムシクリップをつけたものです。

LiLaC Switch基板の左下にCdSセル。

CdSセルにキャップをかぶせると、LEDが点灯します。

『明るさによって点灯・消灯がキッチリ切り替わる、つまり明るさの変化がスイッチになっている』ということですね。

 

ほかの部品も使えます。

次の画像は、市販の人感センサを使った例。

こんな感じ。

状況によって抵抗値が変わる部品や市販のセンサをスイッチとして使えるようにするのがLiLaC Switchです。

いい部品を使っているので、割とお高くなっていますw

 

先生がたが生徒に学習させたいのは、『センサを上手く使うと、便利になったり省エネになったりする。結果、生活が豊かになる』ということのようです。

(違っていたらすみません)

『学校の渡り廊下にあるライト、外が暗くなっても光らないし、昼間廊下を通っても光らないけど、夜に廊下を通ると光るよね?あれってどうなってるんだろ?』って導入から、2つのLiLaC Switchを使って、繋ぎかたによって動作が変わることを学習するようです。

こんな感じ。直列に繋いでいるので『暗くて、かつ、人を感知したらLEDが点灯する回路』になっています。

 

ミノムシクリップのゴチャゴチャ感が生徒の学習意欲にダメージを与えるというのは、よく聞く話です。

そんな配線のゴチャゴチャをブラックボックス化したのがLiLaCです。

 

それに対して、部品と部品を線(ミノムシクリップ)で繋いでいって、回路をちゃんとイメージさせたいと考えられたのがLiLaC Switchです。