事故

 

10月7日朝、会長が事故に遭いました。

 

場所は、茅野市の神橋交差点(通勤バイパス。ホテル・ラフォーレ脇)。

①通勤バイパスを諏訪湖方面に走っていた会長の運転するハイエースが、神橋交差点で、赤信号により停車。

②青信号に変わり神橋交差点に進入したところ、右からも高齢者が運転する軽自動車が進入し、ハイエース運転席部に側面から衝突。

③ハイエースは、軽自動車にそのまま押し込まれて、交差点脇の橋の欄干に激突し停車。

原因は、軽自動車を運転していた88歳男性の信号無視(赤信号になっていた認識はあった模様)。

 

まあ、全国各地で毎日起きている、ごくありふれた事故の一つかもしれません…が、ホント勘弁してほしいです。

 

CA3F0172-1

↑事故現場。写真正面奥から進入した軽自動車が、通勤バイパス(右奥から左手前)を進もうとしたハイエースの側部に衝突。

通勤バイパスから見ると、右から来る車はホテルの陰で見えにくいことに加え、直進や左折はしても右折することがほぼない交差点のため、右からの車に対する注意は働きにくい交差点になっています。

CA3F0163

↑『赤信号での停車状態から動き出した直後の事故』でこの状態。

普通に走っている状態での事故だったら、運転席が電柱によって潰れていたか、欄干を乗り上げて川へ落ちていたかもしれません。

CA3F0162

↑アップ。このぶつかりかたから、軽自動車は、結構なスピードを出していたんじゃないかとのことでした。

CA3F0167

↑アクセルペダルは潰れ、ブレーキペダルがフレームに噛んでしまったためブレーキは利きっ放し。

ウィンチで引っ張り引きずりながら、無理矢理乗せてました。

CA3F0169

↑懇意にしている自動車整備工場の社長さん。

事故車の回収だけじゃなく道路の掃除もしてくださいました。

CA3F0168

↑キャリアに乗せられたハイエース。

CA3F0170

↑軽自動車もなかなかのぶつかり具合。

CA3F0171-1

↑現場検証が終わったのは、事故から3時間後でした。

 

 

CA3F0176

↑自動車整備工場に運ばれ、破損パーツを取り除いた状態。

ローンが残っていたのに、一発廃車。

CA3F0173

↑欄干が車体を突き破ったため、車体に穴が開いています。

事故時にアクセルを踏んだままだったら、右足は潰されていたでしょうね。

 

会長も相手も出血を伴う怪我をしていなかったのは、不幸中の幸いでしょうか。

ただ、それは、『たまたま』『運がよかった』ってだけの話で、訳のわからない信号無視のために会長の右足が潰されていたら…と考えると、ぞっとします。

 

さて。

 

ここからは少々毒を。

 

個人的感想になりますけど、諏訪は運転マナーが非常に悪い地域だと思います。

松本や伊那、長野に比べたら、その2倍はマナーが悪い感じです。

(まあ、上田の運転マナーは、諏訪の3倍は酷いですがw)

 

たとえば、信号に関して言えば、『青→進め』『黄色→アクセル踏みこんで急いで進め』『赤→横が青に変わるまでは止まらずに進め』って感じの車が少なくないです(特に通勤ラッシュ時)。

見ていると、他にもいろいろなルールがあるみたい。

『本線が赤に変わっても、右折専用信号が青になった直後は、本線の車両は可能な限り突っ込む』とか、

『本線が赤に変わって前方の車両が停車したとき、右折レーンが空いていたら、赤信号で停車した車両を追い越して、右折レーン経由で一気に直進すればいい』とか、

『トラックやダンプの後ろは信号が見えにくいけど、あえて車間距離は開けず、前の車のブレーキランプだけに注意して、信号は見ようとしなくていい』とか、

『工事による片側相互通行時、設置された信号のカウントタイマーが10数秒を切っても前の車が動き出さなければ、それが県外ナンバーであろうと、クラクションを鳴らして走り出すように注意する』とか、

『夜間、交通量が少ない交差点の赤信号では、後続車両が見ていようと、慎重に交差点に進入していき何事もないように通り過ぎればいい』とか。

…まあ、キリないですね。

 

センターラインについては、『ハミ禁だろうがなんだろうが、対向車線の車が避けれるときは、センターラインをはみ出したまま走行していい』ってローカルルールがありそう。

他には、

『左折するときは、充分な減速をする代わりに、右折レーンやセンターラインにかかるように大きくハンドルを切って、後続車両の目障りになるように曲がる』とか、

『右折するとき対向車線の交通量が多い場合は、対向車両が走りにくくなるようセンターラインを跨いで停車し、曲がれるタイミングを待つ』とか、

『右折するとき対向車線の交通量がない場合は、後続車両の邪魔にならないように対向車線に車線変更をしてから減速し、対向車両が来る前にまでにゆっくり曲がる』とか、

『普段はセンターラインに沿うように走り、右折するときは、一度路肩側に車両を寄せて、後続車両の通行を妨げながら右折する』とか。

 

そもそも、『前方が見えるようにセンターラインからはみ出し、車間距離をギリギリまで詰め、ひたすら煽りながら走行する』ってのが、諏訪や上田では美徳になっている感じすらします。

 

高速道路のマナーや、いまだにいる飲酒運転や、高校生の自転車の夜間無灯火右側通行など、他にもいろいろあって…運転が憂鬱になることが多くなりました。

 

 

とりあえず、執拗に煽ってくる車に対しては、時々本気で思います。

僕がバカ運転手を可能な限りに残虐に殺せば、ちったぁ問題提起になって、警察さんも真剣に取り締まってくれるようになるかな~…って。