【松本山雅】あるチームとの対戦を終えて!の巻

ウチの社員さんの息子さんが見たというネット上の書き込み。

先日対戦した相手チーム○○(一応伏字)のサポータさんの書き込みだそうで、管理人は直接読んでいないので正確には知りませんが、曰く『松本のサポータは、自分たちが盛り上がって楽しむために応援しているだけ。自分たちは違う。自分たちは、選手の力になるために応援している』とかなんとか。

 

ふむふむ。

 

○○(一応伏字)は、かつてJ2陥落の挫折を味わい、その一方でアジアNO.1の栄光も手にし、現在では毎年Jリーグの優勝候補に挙がり、多くのスター選手と代表選手を輩出し、他の追随を許さない観客動員を誇り…と、Jリーグの顔ともいえる、アジアで勝負でき、世界とも勝負できる可能性がある、凄いチームです。

地域に住む若い世代の絶対数が少ない故、今までサッカーに興味がなかったようなお年寄りや女性や子どもにも観戦に来てもらい、まずはサッカーをナマ観戦する楽しさを知ってもらい、そこからリピータを増やすことに主眼を置いている、そんな松本山雅とは立ち位置が違いますし、当然、サポータの質も量も違います(少なくとも今は)。

 

だから。

 

言われるまでもなく、それぞれのやりかたが違うのは当たり前の話ですよね~。

少なくとも、試合を観に来たお年寄りのかたがた、妙齢のオバサマがた、ちびっ子たちが盛り上がって楽しんでいるように見えたのなら、それは、山雅にとっていい傾向といえるでしょう。

今後も、老若男女が明るく仲良く楽しく応援できるような雰囲気を大事にしていく路線のほうが、松本山雅にとってはいいんじゃないかなあと思います。

個人的意見ですけど。