文溪堂さまの本社を訪問

小学校向けのテストやドリルなどの出版物、算数セット・画材セット・書道セット・裁縫セットなどの教具類、その他さまざまな教材教具のメーカーである文溪堂さん。

その文溪堂さんの本社にお邪魔してきました。

 

本社があるのは岐阜県。

名神・岐阜羽島ICを降りてすぐのところにあります。

本社ビルに青色の卵のようなイメージマークが掲げられていて、それが高速道路からよく見えるので、お近くをお通りの際にはご覧になってください^^

CA3F0843

↑お馴染みのミッ○ーマウスのドリルが出荷工場の壁面に描かれていました^^

奥に見えるのが本社ビル。

 

普段は解放していない資料館を見せていただきました。

CA3F0847

↑年表。1900年創業とのこと。

 

CA3F0844

↑昔のドリル。なんだか懐かしい感じです^^

昔はサイズが小さく表紙もシンプルだったドリルも、勉強するときの使いやすさや意欲を掻き立てるデザイン構成などの配慮が加えられて、今のようなカタチになっていったんですなあ。

 

CA3F0845

↑『図書教材ができるまで』の工程。

本社ビル内のいくつかの部署にも案内されたのですが、社員さんの数が想像以上でした。

ウチに対応してくれるのは営業担当さんと事務担当さんのお二人くらいなのですが、その奥に百人以上の社員さんがいてくれているから、今のように学校さんにさまざまな商品を販売できるんだなあと実感。

 

CA3F0846

移転前の本社ビルの模型。

 

短時間でしたが、貴重な経験をさせていただきました^^

珍しいものを見られて変なテンションになっていたせいか、帰り道、小牧JCTから中央道へ入る予定だったのに、手前の一宮ICで降りてしまうという失態を犯し、さらに、下道を走って小牧ICから高速に乗り直そうとして、ナビを使ってたのに迷い倒す(3回くらいUターンした)という、なかなかない経験もさせてもらいました。。。