【松本山雅】雨ニモ負ケタ…けど試合は?の巻

CA3F0857

↑撮影したのは6/20。チケットの日付は6/19。

 

…。

 

出でよ、もったいないオバケ!

 

以下、言い訳。

 

試合当日、試合を観に行けるのは管理人一人でした(連れも見つからなかった)。

そこへ持ってきて、この日、穂高へ遊びに行ってきた両親から『あっち(松本のほう)、雨降ってたよ』と聞かされ、テンションガタ落ち。

『わざわざ雨の中、観に行きたくはないな~』『山形、相性悪いよな。負けそうだもんな~』『帰ってくるの、21時回るだろ。明日疲れるな~』と行かない理由しか出てこないので、うだうだしたものの今回はスルーしてしまいました。

雨には勝てん。

 

試合結果は、終了間際に飯尾くんの劇弾が決まり、1-0で山形に勝利した!そうな!

 

前々節ホームで札幌を迎え撃った試合(3-2で松本勝利)を両親が観に行き、『(田中)隼磨が出ていなかった』と不思議そうに帰ってきたのですが、その後、田中選手の網膜剥離が発表されました。

田中選手には、個人的には、選手としてだけではなく指導者としても活躍してもらいたいと思うので、焦らずしっかり治してもらいたいのですが、それにしたって、故障者続出で壊滅的な左サイドに加えて右サイドにも穴があくのだから、チームとしては大変ですよね。

左サイドでいい働きしていた飯尾選手の頑張りと成長に期待です!(チームのシーズンMVPになれる!)

 

 

さて、ここんとこのサッカー界のいいニュースと悪いニュースを。

 

いいニュースは、やっぱり、キング・カズこと三浦和良選手(横浜FC)のゴールでしょう。

PKではなく、流れの中からのヘディングゴール(ビックリするくらいドフリーでしたけどw)なのだから素晴らしい!

日本代表に入れてW杯に出してあげたいなあ。

プロである以上、実力で評価するのはもっともな話ですが、同じくプロである以上、お金を動かせなければならないとも思います。

つまり、スポンサーを集め、集客を増やし、物販を伸ばし、放映権を吊り上げ、それらをチームの強化に繋げ知名度を上げて、ファンにはプレーで還元し、スポンサーには別の形で還元する…という流れ。

その点、三浦選手は、サッカーに興味がない人の関心を集めることができる稀有な存在だと思うんだけどな。

 

悪いニュースは、浦和サポ(?)による鹿島の外国人選手への人種差別ツィート。

しかも、球団がコンタクト取ろうとしたところ、土壇場で着信拒否喰らったとか何とか。

ふぅ。

実際には浦和のサポーターではなく、浦和とは無関係の馬鹿者かもしれませんが、一報を聞いて『ああ、また浦和サポか』と簡単に納得できちゃいました。

少なくとも『浦和サポがそんなことを言うはずがない』という発想は出てこない。

そこらへん、クラブは、問題の深刻さを自覚したほうがいいかもね。