『君たちはどう生きるか』

 

 

本屋で見かける話題の本、『君たちはどう生きるか』。

何十年前の本だよ!と大声を出したくなりますよねw

 

その懐かしいタイトルを前にすると、高校のときの世界史の先生が思い出されます。

その先生は、顔立ちも体型も喋りかたも雰囲気も貫禄も…全てがマフィアの首領っぽい感じがするかたで、僕らの間では『ドン○○(←苗字)』と呼ばれていました。

 

少しその話を。

 

1学年の世界史は、正直、先生の名前も授業内容も全く思い出せないくらいサッパリでした。

2学年になり、ドン先生に世界史を教わることになります。

〇×や選択肢からの回答は論外で、単語だけの回答記述も良しとせず、『文章で答えられなくては本物の理解ではない』という考えかたの先生だったので、授業もテストも難しかったのですが…メチャクチャ楽しかったな~。

 

授業内容も面白かったのですが、この先生の板書は、ダントツに読みやすくわかりやすいものでした。

小学校から大学まで何十人っていう先生の板書を見ましたが、ホントにダントツです。

この板書のおかげで『ノートの書きかた』というものがわかって、他の教科の授業も一気に面白くなったくらいです。

まれに『今日は腰が痛いから、座ったまま口頭で』ということもあって、そのときは、先生の言葉を一言も漏らすまいと凄く神経を使いましたが…。

でも、それさえも楽しかったのだから、そりゃ、テストの点なんか勝手についてくるよねえ^^

具体的には、1年のときは20点とか15点とかしか取れなかったのが、2年のときは『学年で一人だけ正解』とか『学年トップ取った』とか…ってくらいにはなりました。

管理人の持論である『楽しさや面白さを感じさえすれば、子どもは、勝手に勉強して、勝手に工夫して、勝手に身につけていく』ってのは、ここら辺の経験に基づきます。

  

そんなドン先生は、『●●(←ウチの母校名)生なら、これくらいは読んでいなくてはダメだ。読んでいて当然だ』という言いかたで、常々本を読むことの大切さを説いていらっしゃいました。

こっちも『ドンが言うなら読むしかないな!』って感じで、紹介してくださる本をノートの片隅に書いて、本屋で探して帰って家で読む…ってのがルーチンになっていました。

 

先生に紹介していただいた本は、どれもこれも難しかったんですけど、読んでよかった本だったと覚えています。

『赤と黒』『人類の星の時間』『夜と霧』『沈黙の春』『地球環境報告』…キリがありません

本田勝一の本も片っ端から読んだなあ。

おススメ以外のものも読み漁っていたので、ちょっとした読書量だったかもしれんせん。

そして、『君たちはどう生きるか』。

 

授業内容に合わせて本を紹介してくださることもあれば、授業とは関係のない本を紹介してくださることもある中で、ことあるごとに紹介されたのがこの『君たちはどう生きるか』でした。

たぶん、先生にとって、一番おススメの本だったのだと思います。

当然買いました。

 

で。

 

先生に紹介してもらった本で、唯一挫折しました。

しかも、最初の数ページで挫折w

『教祖ドン○○と信者イマザワ』ってくらいに盲目的なとこがあって、授業で紹介されるたびに『とにかく読まなきゃ』という思いはあったのですが、何度挑戦しても読めませんでした。

 

なので、この本を本屋で見るたびに『ドン…懐かしいなあ。てゆーか、この本だけは挫折したな~…。他のおススメは読んだのにな~…』という感じになります。

割とトラウマに近いので、もう、パラパラと読む気も起きませんw

でもまあ。

敬愛するドン先生が20数年前におススメしていた本が、今の若い人たちの知るところになったことは、本当に嬉しいです♪(←これが言いたかった)

 

(この記事を書くにあたって本棚を探したのですが、この本だけが見つかりませんでした…)