小松正弘先生のグループの洋画展

 

 

小松正弘先生は、管理人の中学時代の美術科の教科担任です。

定年前に退職されて、画家として活動されています。

 

CA3F0591

火耀会は、茅野市を中心に活動する絵画系の会みたいです(よく知らない)。

で、小松先生は、茅野東部中在任中(30年くらい前?)にこの会の主宰の先生に師事することになったみたいです。

 

その火耀会の絵画展が開かれるということで、茅野市民館に行ってきました。

 

CA3F0593

右の100号が小松先生の作品。もちろん許可をいただいて撮影しています。

曰く『最近やっと日展に入るようになった』そうな。

日展入選なんて評価がなくても、来た人が皆立ち止まってじっくり観るくらい、とんでもなく凄い絵ですけどね。

 

CA3F0592

小松先生の別の作品。

昔からリンゴの木の絵を描き続けてきた小松先生の、その執念めいた情熱には敬意を払うほかにありません。

ただ、最近では、西洋の街並みだったり漁港の風景だったり、リンゴの木以外のモチーフにもチャレンジされています。

これも最近のものでしょうね。

『このサイズなら、もしかしたら買えるかな~』と値段交渉まではしましたw

 

てゆーか。

 

小松先生の絵を観るたび、『この絵を中学のときに見せてもらっていたら、自分も画家の道を目指したかもしれないな。少なくとも、美術の授業は、もっと真剣に取り組んだだろうな~』って思います^^