LiLaCのプラグラム書き換え

LiLaCを採用してくださっている学校から、プログラムの書き換えをしたいというご要望がありました。

 

LiLaCで使っているマイコンは、PIC12F683です。

PICkit3でプログラムを書き込みます…が、そのままではプログラムを書き込めないので、書き込める治具を作ります。

こんな感じで、ユニバーサル基板に、ゼロプレッシャソケットとL字のピンソケットを取りつけたものを用意し、PICkit3と繋げます。

マイコンの極性に気をつけてください(書き込めなくなるだけですが)。

裏面は、こんな感じ。

 

 

次にソフトウェアの準備をします。

マイクロチップ社のホームページよりMPLAB X IDEをダウンロードしてインストールします。

また、MPLAB XC8 コンパイラーもインストールしておきます。

 

 

セットアップの手順について、とても分かりやすく解説されているホームページがあります。

手順がわからない場合は、参考されるとよろしいかと。

 

 

X IDEを開いて、LiLaCのプログラムを読み込めば、プログラムの変更は行えます。

ただ、このままでは、マイコンへの書き込み時にエラーが出ると思います。

次の操作を行ってください。

 

【tools】→【options】から、【build tools】タブを開きます。

左中央の【Add】を押すと上の画像のウィンドウが出てきます。

【browse】を押し、先ほどインストールした【XC8】フォルダを捜して、その中にある【bin】フォルダを開きます。

 

 

これで、マイコンへの書き込みができるようになります。

【make and purgram device】ボタンを押すと、プログラムが書き込まれます。

わからない場合は、上の画像をクリックして、赤丸の位置をご確認ください。